いしだ壱成、大麻逮捕事件の真相激白 事務所の抗争事件にハメられた 僕は大麻は吸っていない ただ持ってただけ

10pt   2022-05-14 18:00
腹筋崩壊ニュース

 俳優・いしだ壱成(47)が12日配信のABEMA「迷えるとんぼちゃん」(木曜後11・00)に出演。これまでの人生を赤裸々に語った。


 ドラマ出演をきっかけに人気を得て、「フェミ男」ブームを巻き起こした。そのさなか、2001年、26歳の時に大麻取締法違反での逮捕。当時は「やっぱりそういう中で結構精神的にかなりきてしまって。大きな声では言いたくないんですけど、ちょっといくらか純一さんが使ってるみたいだよっていう話も、プロデューサーの方から聞いたりして。純一さんは『断じてそんなことはない』って言ってるんですけど」と、周囲から真偽不明の話を吹き込まれ疑心暗鬼に。「それでドーンとうつ病になってしまって。酒浸りみたいな感じになってしまった。ヤケになってたんでしょうね。その矢先で」と振り返った。


 ある時、「クラブで、お疲れ!使え!って(大麻を)持たせてきた人がいて。全然知らない人です。名前も存じ上げなくて申し訳ないくらいの人。捨てればよかったんですけどそのまま酔っぱらって部屋に持って帰っちゃって。次の日、警察が来て逮捕と」。


 これにMCの加藤浩次が「壱成君は(大麻は)やってないんですか?」と改めて聞くと、「やってないです、やってないです。持ってたらダメみたいですね」とあくまで所持での逮捕だったと明かした。


 加藤が「ハメられたってこと?」と驚くと、「まあ、そうですね。後で牢屋の中で聞いたんですけど。全部名前言っちゃうと、君の命が危なくなるから言わないけれども、ざっくり言うと大きな事務所と大きな事務所の抗争にあんた巻き込まれたんやと。怖いなって思いました。ぶっちゃけるとそういうことです。でも、脇が甘かったんですね」と語った。


 警察の取り調べは「いわゆるドラマで見たような感じなんですね。オラア!やったんか!みたいな。それが怖くて、すみません、やりましたって認めてしまった」という。その後執行猶予付きの有罪判決を受け、芸能活動も停止。「人込みとか人の目が怖くて、持ってたうつ病が躁うつ病になってしまった。今も通院していますが、落ち着いている状態です」と打ち明けた。

82378f0f6e46369c7a6b5bb36713c7a6_1.jpg
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/22155124/
   チャンネルまとめトップページへ
総合ニュースの話題が沢山。